月別アーカイブ: 2018年3月

定例会0044

埼玉県蓮田市精神障害者当事者会「そよ風」 2017年度 第12回(通算第44回) 定例会
≪スローガン≫『一人では心細いですね?大丈夫。みんなでハッピーになりましょう!』

【開催日時】2018年03月17日(土)、13:00~17:00 【開催場所】図書館、和室
【今回の流れ】①自己紹介→②今後の予定、報告・連絡・相談→③「わかちあいについて」の読み合わせ→④わかちあい
※随時、休憩をとりました。

①【自己紹介(名前もしくはハンドルネームと、近況報告)】 ☆参加者7名
がっちゃんさん、アイアイさん、モアイさん、リボンさん、プクさん、ケンケンさん、コウさんが集まりました。

②【今後の予定、報告・連絡・相談】
☆2018年04月21日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、会議室)。
☆2018年05月19日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、公民館、和室A・B)。
※終了時間が16:00と1時間短くなりました。
☆ケンケンさんからの情報。☆コラム。☆会規約について相談。☆事件12。☆新薬情報

③【「わかちあいについて」の読み合わせ】
☆わかちあいの流れや目的やルールを確認しました。

④【わかちあい】
☆みんなでハッピーになれるよう、一緒にわかちあいました。

【ケンケンさんからの情報】<2018年03月14日(水) 読売新聞夕刊 参照>
神経精神薬理学会が、統合失調症の患者家族向け「統合失調症薬物治療ガイド」を公表した。
http://www.asas.or.jp/jsnp/img/csrinfo/szgl_guide.pdf
94ページにわたる為、割愛させて頂きますけれども、大変、参考になります。このガイドは様々な副作用がある多剤投与を検証し、一度に使う抗精神病薬を1種類に限定し(抗精神病薬単剤治療)副作用をなくそうとしているのが特徴です。統合失調症の患者が医師と相談しながら治療方針を決めていく上で、ガイドが手助けになれば良いと思います。―そよ風代表―

*************************** コラム ~リカバリーとは?~ ****************************
リカバリー(Recovery)とは、「人々が生活や仕事、学ぶこと、そして地域社会に参加できるようになる過程であり、またある個人にとってはリカバリーとは障害があっても充実し生産的な生活を送ることができる能力であり、他の個人にとっては症状の減少や緩和である」と定義されます。すなわち、リカバリーは希望を持つことや社会的役割の取得、意味のある人生の達成、他者とのつながりの取得などを含む幅広い概念であり、しかも個々が希望する自分になるための「プロセス(過程)」とその自分になった「アウトカム(結果)」の2つの側面を持ちます。 特に利用者個人にとっては、「プロセス(過程)」が強調され、そのプロセス(過程)は必ずしも右肩上がりの直線ではないかもしれません。よって、リカバリーの内容やそのペース、ゴールは個々によって大きく異なります。
https://www.ncnp.go.jp/nimh/fukki/about/recovery.html より引用
***************************************************************************************

ひとりぼっちをなくそうin松伏

日時:2018(平成30)年3月15日(木)  午後1:00~4:00(開場:午後0:30~)
場所:松伏町保健センター
対象:県内当事者、家族、支援者、学生、精神保健福祉に興味のある方等どなたでも
プログラム:
(1)体験発表
(2)交流会 ―10名程度のグループに分かれて交流します―
定員:60名(先着順)、申込不要、参加費無料

詳しくは下記をご覧下さい。

ひとりぼっちをなくそうin松伏チラシ

「ひとりぼっちをなくそう in 松伏 ~いっしょに想いを語りませんか?~」事業報告

2018年3月15日(木)の13:00~16:00(開場12:30)に、松伏町保健センターにて、埼玉県精神障害者団体連合会ポプリ主催、松伏町・春日部市共催、埼玉県春日部保健所・地域生活支援センターたけさと協力で、「ひとりぼっちをなくそう in 松伏 ~いっしょに想いを語りませんか?~」が開催されました。

事業目的:埼玉県東部地域の仲間にお会いして、心の病を持つ、私たちの暮らしや生き方など日頃の想いを語り合う機会にしたいと思ってます。当事者会に参加していらっしゃらない方も、日頃言いたくても言えないことや、なかなかわかってもらえないことなど、ぜひ、ご一緒に語り合いませんか?

当日のプログラムは下記の通りです。細かな時刻は不明です。
12:30 開場、受付開始
13:00 開会挨拶
来賓挨拶
体験発表
〇地域生活支援センターたけさと&多機能型事業所わっくす
複数人(支援者・当事者)による、
PowerPointを用いた紹介が行われました。
楽しい雰囲気で、歌と踊りを披露して下さいました。
〇ゆうゆうクラブ(作業所)
当事者2人による、体験談が語られました。
〇松伏町ソーシャルクラブ(統合失調法の当事者集会)
支援者2人と当事者3人による、
模造紙等を用いた活動の紹介が行われました。
キーボードに合わせて、会場が一体となって、
「幸せなら手をたたこう」を歌いました。
13:40  休憩
14:00  質疑応答:Ex. Q.「各事業所はどのようにして見学できますか?」
A.「一度、電話連絡をしてから、来所下さい。」
交流会:グループに分かれて交流しました
グループのまとめ発表
アンケート記入
閉会挨拶
15:30 閉会、撤収・解散

結果報告:参加者数76人でした。精神障害当事者及び施設職員など3組の発表がありました。休憩後、質疑応答の後、グループワークを行いました。発表の客席の反応もよく、グループワークで活発に意見の交換が行われました。参加者の反応は良かったです。全体的に楽しい催しとなりました。