月別アーカイブ: 2018年5月

定例会0046

埼玉県蓮田市精神障害者当事者会「そよ風」 2018年度 第02回(通算第46回) 定例会
≪スローガン≫『一人では心細いですね?大丈夫。みんなでハッピーになりましょう!』
【開催日時】2018年05月19日(土)、13:00~16:00
【開催場所】蓮田市中央公民館、和室A,B
【今回の流れ】①自己紹介→②今後の予定、報告・連絡・相談→③「DSM-5」って何?→④「わかちあい」・「わかちあいについて」の読み合わせ→⑤わかちあい
※随時、休憩をとりました。
①【自己紹介(名前もしくはハンドルネームと、近況報告)】 ☆参加者8名
アイアイさん、モアイさん、カオスさん、プクさん、メリーさん、ケンケンさん、コウさん、ダイさんが集まりました。
②【今後の予定、報告・連絡・相談】
☆2018年06月16日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆2018年07月21日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆2018年08月18日(土)「そよ風」定例会開催予定(13:00~16:00、図書館、和室)。
☆コラム ☆統合失調症の時間経過に伴う症状の変化 ☆AD/HDとは?
③「DSM-5」って何?自分の障害ってどのようなもの?
☆様々な障害がある中で、自分はどのような障害を持っているのでしょうか?
④【「わかちあい」・「わかちあいについて」の読み合わせ】
☆わかちあいの流れや目的やルールを確認しました。
⑤【わかちあい】
☆みんなでハッピーになれるよう、様々なことを一緒にわかちあいました。
☆今回のファシリテーターは「モアイ」さんでした。
********************* コラム ~オープン・ダイアローグとは?~ **********************
オープン・ダイアローグ(open dialogue)とは、統合失調症に対する治療的介入の手法で,フィンランドの西ラップランド地方に位置するケロプダス病院のファミリー・セラピスト(心理療法士)を中心に,1980年代から実践されているものである。「開かれた対話」と訳される。
毎日、一定の時間、会話するというだけのシンプルなもので、向精神薬を殆ど使わなくてもよい、という。患者を批判しないで、とにかく会話する、などのルールがある。統合失調症患者は(創造的である反面、極言すれば病的でもある)モノローグ(独り言)に陥りやすく、そこから開放することを目標とする。《ウィキペディア参照》
***************************************************************************************
『統合失調症の時間経過に伴う症状の変化』(あくまでも一例です。個人で異なります。)